2018年11月28日水曜日

11月下旬、天気のいい関東平野へ遠征

11月後半、どうも信越は良い天気が続かないので、こちらで腐っていてもしょうがないと、晴れマークが続いている関東まで遠出した。





チュウヒ たぶんいわゆる大陸型 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#736







逃げるミサゴ、追うカラス 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#734




コチョウゲンボウ その1 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#737





コチョウゲンボウ その2オス 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#738



コチョウゲンボウ その3塒入り 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#739





電柱で羽を乾かすオオタカ 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#740



モズ 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#741





スズメ 影絵遊び 関東の農耕地 11月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#742

2018年11月18日日曜日

11月中旬、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kがやってきた

4月に予約して10月の発売を過ぎて、今か今かと待ったBMPCC 4K。11月中旬にようやく入荷、手元に届いた。



マニュアルもほとんど読まず、そのままフィールドへ。普段使っているURSA mini 4.6K EFと操作はほとんど変わらないので特に迷うことはなかった。



大きさは全然違うので、セッティングに苦労するが、まあそのあたりは時間をかけて少しずつ煮詰めていきたい。




猛禽たち BMPCC4K初撮りtest 信越の峠と湖沼 11月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#729


カモたち 信越の湖沼 BMPCC4K初撮りtest 11月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#732



たぶん冬羽のオオジュリン 信越の湖沼 BMPCC4K初撮りtest 11月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#731


鳥のバン 関東の農耕地 BMPCC4K初撮りtest 11月下旬 野鳥4K 空屋根FILMS#735


写りそのものについては、いかにもBlackmagic Designの写りで満足。URSA miniに比べると少し解像感が低い気がするが、これはセンサーサイズのためか。。ローパスフィルターのないカメラとあるカメラの写りの違いに似ているような気がするが、どうなんだろう。ジャスピンにできたのが少ないし、まあまだ使い始めなので、解像感については今後の課題。

-------
追記:解像感に関して、普段FHDばっかりで撮っていて4Kで撮ることがなかったが、試しに4Kで撮ってみると、FHDで感じた緩さが減ってシャープに写ったような気がする。いずれにしても今後の課題として継続中。

-------

URSA miniに比べて少しピントの山がつかみにくい気がするが、これもセンサーの大きさからくる被写界深度の問題か、設定を詰めていないためか、その辺はわからなかったのでこれも今後の課題。


夕刻の湖沼 BMPCC4K High ISO test 11月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#730

個人的には一番期待していた暗所耐性の向上がどの程度なのか、夕方から夜にかけてISOをだんだん上げていきながら撮影してみた。編集して初めて気づいたが、ファイルのメタデータにISO感度が記録されていない。DaVinci Resolveで見ても、どこにもISO情報がないような。今までISOは固定だったので気にしていなかったが、なにか確認方法があるのだろうか。。Dual ISOだと撮影時のISO情報は大切になる気がするので、どこかで確認できるのだろうと思うけど、わからなかった。今後の課題。

うろ覚えのISOの記憶に頼ってしまうことになるが、私的にはISO3200(白鳥がこちらに向かって飛んでくる場面)まではまったくノイズが気にならない。ISO6400(マガンが池に降りてそのあと鳥たちがシルエットだけになる場面)だとノイズが気になるが、URSA miniのISO1600ほどではない。それ以上だと、さすがにノイズに耐えられない。ということで、私としてはとりあえずISO6400までを使える基準にしようと思った。

その基準だとURSA miniより、2段分から3段分は暗くなるまで撮れるので、夕方の撮影時間が10分から15分くらい伸びるかなと思う。夕方のコウモリがURSA miniよりましに撮れそうな気がするので、また再度コウモリを撮ろうかなと思う。



私の使い方で一番困った部分は、LANC端子が廃止されていることか。LANCがないから撮影するためにカメラのグリップから手を離せない。録画ボタンを押すために三脚のパン棒からいったん手を放してグリップの録画ボタンを押して、パン棒を持ち直して被写体を追うことになる。このためにイヌワシの一番いいところを撮り逃がしてしまった。

ブルートゥース接続のiPadでリモートコントロールはできるそうだけど、それでは私の使い方では解決にならず、、この問題は解決できそうにないのが痛い。そのうち、BMD社かサードパーティーからブルートゥース接続の物理ボタンのリモコンが出るだろうか。それに期待するが、時間がかかりそうだ。

---------
追記:
リモートなしでは何ともならないので、原始的な解決法だが、前面についている録画ボタンにエアーレリーズをボンドで無理やりくっつけることで何とかすることにした。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CXNOWAG
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B017QPES2M
私的には断然使いやすくなった。
---------


モニターは十分に大きく使いやすいが、ピントの山がつかみにくいのはモニターのせいなのかどうか、、その辺でURSA miniのモニターより少し劣るような気がするが気のせいか。チルトがないのは織り込み済みだけど、やっぱりあったほうが使い勝手がいいなあ。あと形状的にサンシェードがつけにくいのも×。ボンドでサンシェードの取り付け枠をくっつけるかなあ。



こちらも織り込み済みだが、電池の持ちはすこぶる悪い。Canon使いだったのでLP-E6は大量に持っているが、しかし安い中華LP-E6バッテリーの半分くらいは形状が合わずに挿入できない、挿入できるものも最初から残量5%表示となってほぼ使用できない。いずれもCanon 5D IIIでは問題なく使用できていたものだけども。ということで、Canon純正のLP-E6バッテリーのみ受け付けて、それで30分くらい。

笑ってしまうくらいバッテリーが持たないので、この一点だけでも一般ユーザーはすぐに下取りにだすだろうなと。



アダプターから給電するにしても、カメラ側のDC電源の端子が、、あまり見ないminiXLR 2 ピン、、自作しようにもそんな端子がなかなか売っていない。屋外で使うにはAC電源を持ち歩けということか。



朗報としては、LP-E6のダミーバッテリーは挿入できたので、とりあえずこれにVマウントバッテリーからD-tap出力で12Vを引っ張って使うことができた。普段URSA miniに使っている190 Wh (13000 mAh)のバッテリーで5時間電源入れっぱなしでも持ったので、1日中撮影しても2本あれば持つだろう。URSAminiだと4本か5本は必要なので、2倍強持つ。



シャッタースピードが角度表示ではなくスピード表示もできるようになった(URSA mini PROから?)おかげで、HFRに切り替えたときに明るさが変わるという不都合がなくなった。さらにHFR専用の物理ボタンがあるので、HFRと通常の撮影との切り替えがスムーズになったのはうれしい。



カメラ内でのファイルデリートができるようにそろそろしてくれるかなと思ったが、相変わらず、再生のみでデリートはできない。ここも一般ユーザー離れを招きそうだ。



CFASTカード、SDカード、外付けSSD、いずれも使える。ただSDカードは私の持っている一番早いSanDisk Extream PROでは、ほとんどのフォーマットでドロップフレームが発生してしまう。RAWだと3秒、HFR 120fps FHD ProRes HQで3分、というところ。

外付けSSDは、安いTypeCケースで問題なく使えた。SanDisk SSD Extreme PROではどのフォーマットでも問題なく使用できた。うれしいことに、安いSSDでもHFR 120fps FHD ProRes HQではドロップフレームが発生せず録画できた。私自身は現状、HFR 120fps FHD ProRes HQで撮るのがほとんどなのでこれは結構うれしい。
-----------
追記:
その後、安いSSDだとはじめは問題ないのだが、カード容量の半分を超えたあたりから、HFR 120fps FHD ProRes HQでドロップフレームが発生しだすことが分かった。ドロップフレームが発生するまでの時間はまちまちで、1分でストップすることもあれば、4分くらいでストップすることもある。SanDisk SSD Extreme PROだと問題なくカード容量の最後まで使い切ることができる。
-----------

タッチAFをオフにできないことは、私的にはちょっと使いにくい。設定を変えようとして画面に触れると意図せずにタッチAFになってフォーカスを一からやり直しになることが結構生じる。どうせ中途半端なAFで使う人はほとんどいないんだろうから、設定でオフにできるようにならないものか。
AF自体をオフにできればいいのだけど、それができないために、時間がたつとフォーカスが一度リセットされて勝手に動いていることがあるようだ。これはもしかしたらレンズアダプターの問題で、接続が不安定で一度切れて再接続したときに生じているのかもしれない。置きピンで合わせて置いたつもりが、いざというときにピントが移動していてしかも前か後かがわからないためにとっさに合わせられず、いったん無限遠まで回してから合わせるということになって、10秒くらいロスが発生することがある。10秒たったらもう野鳥はいなくなっています。ということで2度ほどシャッターチャンス(録画チャンス?)を逃してしまった。

以上、まずは2日間使ってみた結論としては、LANCがないこと、AFをオフにできないことを除けば、私としては理想的なサブカメラだ。でもたぶん一般的なユーザーからすれば、電池の持ちの悪さと巨大なファイルの扱いにくさから「なんだこのカメラ、使えねえな」的な評価になるだろうなと。一眼レフで写真を撮っていた人がビデオをはじめる、ミラーレスでビデオを撮っていた人がステップアップする、、いずれのケースでも買って大後悔すること必至かと。カメラ本体はお買い得価格だけど、きちんと使えるようにするために追加で必要な投資はその2倍3倍とかになる。今回は話題になってすごい数が出ているようなので、数か月のうちに中古で大量に出回るだろうなと思う、、、そうなったら私は中古でもう一台(数台?)追加購入しようと思う。

11月上旬、以前から気になっていた信越の峠へ

ずいぶん前から気になっていて、そのうち行こう行こうと思っていた信越の峠へ、ようやく行ってみた。



紅葉の盛りが過ぎてしまっていたが、それでもなかなかの眺め。

ただ目的の猛禽は、そうそう簡単に姿を見せてくれないようだ。




秋の峠にハイタカとノスリ GH5 180fps test 11月上旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#727

その後、中旬までにかけて通ったが、ようやく6日目にして目的の猛禽が飛んでくれた。。が、カメラが初物だったから(?)良い場面を撮り逃した。といっても一瞬姿を見せただけで大した見せ場はなかったので、来シーズンに期待することにした。

11月上旬、再び信越の湖沼をチェックしに行くが特に変化なし

今期継続的に通おうと思っている湖沼へ再び行ってきた。

特にメンバーは変わらずだったようだ。マガンやカモたちをたくさん撮ったが、たくさん撮ったためにかえって編集する気にならない。。ということで、少しだけ撮ったものからアップしている。




ヒシクイ 池に降りてヒシの実を食べる 信越の湖沼 11月上旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#728

硬そうなヒシの実をおいしそうにヒシクイが食べていた。


マガンの飛翔 信越の湖沼 BMPCC4K初撮りtest 11月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#733



大ナマズと跳ねるお魚たち 信越の湖沼の夕方 11月上旬 動物FHD 空屋根FILMS#726


今年は池の水がとても少ないらしく、最近人気の池の水を全部抜いてみたの後半みたいな状態になってしまっている。



夕闇に飛び始めたコウモリ 信越の湖沼 11月上旬 動物FHD 空屋根FILMS#725


2018年10月29日月曜日

10月下旬、白鳥やガンたちが渡ってきているかなと信越の湖沼へ

大型の渡り鳥たちももう渡ってきているという話を耳に挟んだので、白鳥やガンの大きな群れを見たいなあと、越冬地で有名な信越の湖沼へ様子を見に行ってみた。



10月下旬の段階で見れた渡り鳥は、コハクチョウ、マガン、マガモ、といったところ。

カモたちの識別ができないのでもしかしたら他のカモ類も入っていたのかもしれない。

図鑑で確認してみたところでは、ハシビロガモ、カンムリカイツブリ、は見ることができたが、ほかは、、確認できず。


マガンとコハクチョウ Gopro編 信越の湖沼の朝 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#7176

マガンとコハクチョウたちは夜は池で休んでいるが、朝になると付近の田圃へ隊列を組んで出かけていく。
マガンたちの声で騒々しい、でも鳥たちが朝日の中を飛んでいくのにはどこか静けさを感じる。こんな朝の水辺の風景が、かつては日本のどこにでもあたりまえに見られただろう。

鳥たちは時差出勤を心がけていて、マガンたちは早朝大挙して餌場へ出かけていく。コハクチョウは重役出勤で、少し遅れてわらわらと数羽ずつ出かけていく。

写っている白い鳥の半分はサギたちで、どちらも大きくて真っ白なので遠目にはよく似ているが、動きを見ると一目瞭然だ。1羽でばらばらに飛ぶのがサギたち、一羽の後を追って数羽で編隊を組み助走をしてから飛び立つのがコハクチョウである。また、最後足でふわりと着地するのがサギで、おなかから水面にざざーんと着水するのがコハクチョウである。



ヒシの実をおなかにつけて飛んでいくコハクチョウ 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#714



飛んでいるコハクチョウの下面がなんだか汚いなあと思って見ていたら、どうやらヒシの実をたくさんぶら下げて飛んでいたようだ。時々ヒシの実が落ちていく。ネットで調べたら、湖沼で休む鳥たちがおなかにヒシの実をくっつけて、それであちこち移動することで、ヒシの実の散布の役に立っているらしい。

そのあと鳥たちの下面に気をつけて観察していると、マガンもときどきヒシの実をつけて飛んでいるものがいた。ただおなかの面積が広い分、コハクチョウたちが運ぶ数が多いようだ。ヒシクイが渡ってくる前にヒシの実が全部なくなってしまわなきゃいいけどもと余計な心配。


早朝のコハクチョウ 信越の湖沼 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#723

マガンと白鳥が狙いできたはずの湖沼だが、猛禽がいると、ついそちらに目が行ってしまう。


ミサゴ 逃したナマズは大きい 信越の湖沼 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#716

日中、マガンも白鳥も留守にして静かになった池の上空に、ミサゴが何度も姿を現して、ホバリングして魚を探していた。なかなか狩りに成功しないなあと、ほかに目をやっていると、そのすきに大きなナマズを捕まえたようだ。
しかしナマズが滑るのか、大きすぎたのか、しっかり掴みそこなったようで、食事場所へ運ぶ前に落っことしてしまった。
ミサゴは一瞬しまったという表情だったがすぐに気を取り直して、また何度もホバリングを繰り返していた。


チュウヒ 信越の湖沼 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#721

チュウヒもオスとメス、たぶん2個体が入っているようだ。冬は雪でいっぱいになる場所だが、ここで冬を越すのだろうか、それともしばらくここで過ごした後、雪の少ない太平洋側へ抜けていくのだろうか。


ハヤブサとチュウヒ 早朝のバトル 信越の湖沼 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#722

早朝、そのチュウヒに、若いハヤブサがさかんにアタックしていた。ハヤブサは池を見渡せるお気に入りの鉄塔があって、そこから見渡せる範囲で獲物を探している。その範囲でチュウヒが狩りを始めると、すかさず邪魔して追い払おうとしていた。


ハヤブサ カモメを襲うが失敗 信越の湖沼 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#724



溜池のポンプ小屋を住処にするイタチ 10月下旬 動物FHD 空屋根FILMS#715

夕方、撮影しているすぐそばをちょろちょろと動く影があって、野良猫かなと思ってカメラを向けるとイタチだった。イタチは床下に通じる割れ目からポンプ小屋に侵入した。そのあと出てくる姿を撮ろうとずっとカメラを構えて待ち構えていたが、小一時間出てこない。ポンプ小屋の床下が彼のねぐらなのかもしれない。



今年の秋はどうもすっきりとした秋晴れがなかなかなくて、観察するばかりであまり撮影できず。

そのうえ、撮影していると頻繁にメインカメラの電源が落ちる症状に悩まされた。

だましだまし使っていたが、ついに電源ボタンを押しても反応しなくなってしまった。どこが壊れたというよりも、かなり酷使してきたから寿命的な弱り方だなあと。

天気がすごくよかったら悔しくてしょうがなかっただろうが、逆に天気があまり良くなくて良かったのかもしれない。



撮影できないのではなあと帰宅して、メインカメラを修理に出したので、しばらく撮影にでかけるのはお預けになりそうだ。


10月中旬、ムギマキ狙いで信越の高原へ

ムギマキを撮りたいとは思うのだけど、去年は時期を外して見れなかった。

ということで、今年は時期を逃さないように、早めに見に行って何回か行こうと、10月中旬、割と早めにムギマキを探しに行った。

それが功を奏したようで、撮影できたムギマキはこの数日後にはもう南へ抜けてしまったようだ。




ムギマキ ミズキの実に集まる 信越の山 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#707

ツルマサキの実は、色づいているところでは色づいているが、まだまだ食べごろというわけではないようだった。ムギマキたちはミズキの木狙いで集まっていたようだ。


マミチャジナイ 信越の山 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#718

こちらも季節もののマミチャジナイ。ムギマキ人気に押されて今一つ日陰の存在だが、ムギマキよりもずっと観察しやすい。観察しやすいから人気が下がるのかな。個人的にも撮っていてムギマキより面白みに欠ける気がして、、なんか撮影に気合が入っておらずピント合わせもおざなりで、、とりあえず撮っておくか的な扱いになってしまった。。ちょっと反省。

ほかの年はマミチャジナイは盛大にツルマサキの実を食べていて、そんなに食べるとムギマキが食べる分がなくなってしまうじゃないかと心配するほどだが、今年はマミチャジナイたちもツルマサキは食べずにミズキに集まっていた。


ヤマガラ イチイの種だけ食う 信越の山 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#712



「赤いツルマサキの実を咥えたムギマキ」の図を撮ろうと出かけたのに、黒いミズキの実ばかりを食べていたので、「赤いイチイの実を咥えたヤマガラ」の図で我慢するしかないかと、イチイの木にヤマガラが集まっていたほうを撮ることに。



ムギマキもそうだけど、ヤマガラもちょこまかと動きが早くて、思うように撮らしてくれない。結局、2日間、ヤマガラばかり見ることになってしまった。




イチイの実に来た鳥たち ゴジュウカラ、コガラ、ヒガラ、アトリ 信越の山 10月下旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#711


このイチイの木にはカラ類も食べに来ていた。もしかしたらムギマキも来ないかなと思っていたけど、ムギマキはまったく来ない。どの鳥たちも好みがはっきりしていて、どんな実でも実ならなんでもというわけではないようだ。


カケス ドングリを食う 信越の山 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#720

木の実を食べる鳥にとっては、秋は天国だろう。
カケスもおいしそうに採れたてのドングリをほおばっていた。

10月中旬、伊良湖のヒヨドリの渡り、と猛禽を見に行ってきた

少し早いかなとも思ったが、ヒヨドリの渡りを見に、伊良湖岬へ行ってみた。

10月中旬、すでにヒヨドリがたくさん集まって、次々と海峡を渡っていた。




ヒヨドリの渡り 伊良湖岬 その1Gopro編 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#708




ヒヨドリの渡り 伊良湖岬 その2スローモーション編 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#709



ヒヨドリたちは午前中に渡るのがほとんどで、午後はあまりわたっていかない。その分、岬にたまったヒヨドリたちが一斉に渡る朝一番の団子が一番大きいようだ。



岬の林の中をときどきヒヨドリを追いかけて飛ぶ猛禽がいて、ハイタカかなと思ったが、後で写ったものを見返すとオオタカだったようだ。写せなかったがハイタカもちらちら見たような気がする。

上空を何度かハヤブサが通過して、海上でヒヨドリを襲うこともあったが、かなり遠く、小さくしか写せなかった。


伊良湖岬の猛禽たち 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#713




お魚を抱えたトビ、飛びながら爪の掃除するトビ 伊良湖岬 10月中旬 野鳥FHD 空屋根FILMS#710



岬で一番多い猛禽は、やはりトビ。

なんだか尾羽が痛んでいるトビがいるなあと写してみたら、尾羽が痛んでいるのではなくて、魚の尾びれが見えているだけだった。そのあとに爪に残った肉片を掃除しながら飛んでいるトビがいるなあと思ったら、、そちらはどうやらキリギリスを捕まえて食べていたようだ。トビがちょこちょこ茂みの高さまで降りてきては舞い上がっていたが、たんに遊んでいたのではなくて虫を捕まえていたのだろうか。


虫と秋の夕暮れ 10月中旬 生き物FHD 空屋根FILMS#706

今年の10月中旬の伊良湖岬、すっきりと晴れる日がなかなかなくて、曇りで撮影してもなあと時間を持て余してしまった。岬の近くの公園で休んでいたら、夕方急に天気が回復してきて、久しぶりの秋らしい夕暮れを見た。